特定非営利活動法人しあわせなみだは、平成26年度 公益財団法人日工組社会公益安全事業として「施設職員を 対象とした性犯罪等の暴力被害者支援スキルアップ事業」を 実施いたします


※両面印刷して四つ折りにするとパンフレットの形になります

 

【目的】
施設職員のスキルアップによる性犯罪等の暴力被害者支援
【内容】
施設で暮らす、虐待やDV等の暴力に遭った方は、「親からの虐待→家に帰れない→寮のある性産業に従事→性感染症、望まない妊娠・出産→他者に依存→DV」等、暴力のサイクルから逃れることが困難な状況にあります。このため、今後の人生で、自身が再び暴力に遭わないためのケア、子どもを虐待しないための支援が必要です。
施設入居期間は、安全・安心が確保された環境で、自分自身に向きあい、これからの人生の目標を具体的に設定していくことのできる、貴重な機会です。このため、施設職員が、入居者と信頼関係を構築し、支援を進めていく力を養うことが求められています。
本事業では、施設職員のスキルアップを目的とした「スーパービジョン」を実施します。施設で暮らす方が、暴力のサイクルに気付くきっかけを作り、暴力連鎖を防止することはもちろん、援助目標の統一や、職員のモチベーションが向上する環境づくりのサポートも行なっています。
(連携団体:メンタルケアサロンピュアラル)
【実施団体・お問い合わせ】
特定非営利活動法人しあわせなみだ
info@shiawasenamida.org

公益財団法人日工組社会安全財団広域安全事業